TAIWAN

世にも恐ろしいマチのゴキブリ駆除対策 【台湾】

更新日:

 

ちょっと寒くなったとはいえ、まだまだ暑い日もある台湾。

 

食文化も栄えていて、どこの道にも必ず食べ物やさん、のみものやさんがあり、

それとともにG(ゴキブリ)も多いのが台湾。

※ゴキブリと書くと気持ち悪くなるので、以下Gにします。

Gの写真とかは一切ありませんので、ご安心下さい。

 

そして定期的に街を消毒するのが恒例になっています。

自分の住んでいる区域だと、

あらかじめ「○月○日朝○時より駆除の消毒をします。」とお知らせが回ってくるので

心の準備もできるのですが、区域外だと知ることもなく、道で恐ろしい目に合うのです・・・。

 

先日、子供を幼稚園に送った帰り道、突然、暴走族みたいな二人組みのバイクが現れて、

道の溝に、白い消毒液を吹き込んで、白い煙とともに走りさって行きました。

 

 

「え?何?」と思った瞬間はすでに遅し、もう白い煙が風に乗ってきて、

明らかに体に悪いものを吸い込んでしまったよとちょっとブルーに。

 

でも本当に恐ろしい目に合うのは、この後・・・。

 

道には、溝の中から苦しさで這い上がってきたGたちが、

行き絶え絶えに歩道を横切っているのです!!!

 

しかも、1匹2匹の騒ぎじゃありません。

 

駆除したであろうと思われる道に沿って、大量のGが新天地を求めて歩いているんです。

もともと台湾のGって日本よりスローペースで歩いているなーって思っていましたが、

このときばっかりはさらにスローペース。

 

もうこんな大量のGを肉眼で見るのなんて人生初でした。

中にはもうお亡くなりになっているGも多数で・・・

 

でも、翌日同じ道を歩くと、すでにGたちは清掃されていませんでした。

台湾のボランティアの清掃隊には感謝です!

 

この駆除は、街の清潔さを保つために、きっとやらなきゃいけないものだと思いますが、

目の当たりにすると、かなりショッキングな映像なので、お気をつけ下さい!!

 

 

そしてもうひとつ駆除ネタです。

マンションの地下駐車場で、告知なしの害虫駆除があって、

たまたまその直後に駐車場に行ってしまいました。

「あ、駆除がまかれた後みたい・・・やばい。」と思った瞬間、

咳き込み始めてなんとか車までたどり着いたものの、

咳き込みすぎて息ができなく、窒息しそうになりました。

 

車にお水があったから、なんとか危機を乗り越えましたが、

どんだけ強い薬がまかれているのかと思うと恐ろしくなりました。

きっと閉鎖された地下だったから、薬の濃度が高く体が反応したんだと思いますが・・・

 

台湾に住んで10年越え。

昔から比べるとどこもきれいになったように思っていましたが、

まだまだあるよブラックな台湾編でした。

 

-TAIWAN

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.