イベント

皆既月食2018年7月大阪で見るピークの時間帯や方角は。撮影方法(スマホ)も紹介!

更新日:

 

 

 

2018年2回目の皆既月食が、7月28日未明に見ることができます。前回は1月31日と寒い日でしたが、今回は夏!さらに夏休みに入った時期なので、子供たちにも宇宙の神秘を体験させてあげるいい機会です。

では、大阪で今回の皆既月食を最大限に楽しむために、ピーク時間や方角、あわせてスマホ撮影方法もご紹介していきます。

 

皆既月食2018年7月28日大阪で見られる時間帯や方角は?

皆既月食はどこでも見られると思っていませんか?

今回の皆既月食は、国立天文台によると、未明に見られるということで、前回の1月31日(20時48分~開始)に見られた皆既月食よりも条件が悪いそうです。

というのも、皆既食のころにはすでに空が明るくなり始めているので、皆既食中には、月が見えなくなってしまう可能性があります。

では気になる大阪ではどうでしょうか。

 

皆既月食が大阪で見られる時間帯は?

国立天文台による皆既月食の時間は、

・部分食の始まり  3時24.2分
・皆既食の初め   4時30.0分
・食の最大     5時21.7分
・皆既食の終わり  6時13.5分
・部分食の終わり  7時19.3分

そして大阪の空が明るくなる日の出の時間は、5時05分。
食の最大がいわゆるピークの時間帯です。つまり大阪は5時21.7分

すでに日の出の時刻が過ぎています・・・。

皆既月食のピークは大阪では見られないでしょう。

皆既月食のピークは見られないとしても、空が明るくなるまでの部分月食は見ることができます。部分的に月が欠けていく様子もまた神秘的です。部分食の始まる3時24分から少しずつ月が欠けていく様子を見るのもよし、ブラッドムーンと呼ばれる赤味がかった月と7月31日に最接近をひかえる赤く輝く火星と光輝く星座のコラボも楽めます。

 

大阪で見られる方角は?

今回の皆既月食は、南南西から西の方角の低い位置に見ることができます。

でも、方角って意外と分からない・・・。自分はどの方角にいるの?なんてことも。そこで方角を知る簡単な方法は、スマホに内臓されているコンパス機能を使うと、すぐに自分が今どの方角にいるのか分かります。

スマホにはコンパス機能がついています。

iphoneにはあらかじめコンパスのアクセサリーがあります。設定→プライバシー→位置情報サービス→オン→コンパス→このアプリを使用中のみオンで使用できます。

また、以前マツコデラックスさんの『夜の巷を徘徊する』で、月食がどの方向に見えるのかを案内するアプリ『Moon Book』が紹介されていました。無料でダウンロードでき、現在位置での月食の様子を観測することができます。いろいろ活用してみましょう。

 

皆既月食を上手く撮影する方法は?

この神秘的な天体ショーは肉眼で目に焼き付けることもできますが、せっかくならしっかり撮影してみたいと思うもの。では、どうやって撮影をすれば上手く動画や写真に収められるのでしょうか。

「まずは一眼レフを用意しましょう。」

「焦点距離は1000m程度ほしい。」

なんのこっちゃって話ですよね・・・。

一眼レフを持っていて、専門知識が豊富な方は、恐らく撮影方法はご存知でしょう。ここでは初心者やスマホでも上手く撮影する方法をご紹介します。

 

スマホで上手く撮影する設定や方法!

スマホで月を撮ってみた方も多いのではないでしょうか。普通に撮るとただの白い点としか写らなかったり、ぼやーっとしたりでかなり難しい・・・。何か特別な設定や方法かないか探してみました。

【皆既月食を撮影する絶対条件】
1. 手振れはNG!!固定が必須!!!
2. ピントと露出の設定を忘れない。
3. シャッター速度を遅くする。

 

1. 手ぶれはNG!!固定が必須!!!

やはり最低でも何か台に固定して撮影するのが望ましいでしょう。微妙な手ブレが影響してしまいます。

2. ピントと露出の設定を忘れない。

スマホでの撮影は、ピントと露出が重要!!

「露出」とは、写真を撮るときに取り込まれる光の量のことを言い、絞りとシャッター速度で決定されます。

標準カメラにもAF(オートフォーカス)ロックとAE(自動露出機能)ロックがついているので、そちらを使い、ピントと露出をロック(固定)して下さい。iPhoneは、例えば、画面にある写したいものを指で長押しすると、「AE/AF(自動焦点)ロック」の表示が出てくるので、この状態で撮影しましょう。

また画質が高すぎるとキレイに映らない場合があるので、画質を下げてみると意外とキレイに写ることもあります。

3. シャッター速度を遅くする。

シャッタースピードを遅くすると、夜空でも光を多く取り入れることで、星や月などが明るく撮影することができます。

「Slow Shutter Cam」はiPhone用のアプリで、カメラのシャッタースピードを遅くすることができ、星空や夜景など夜の静止画に万能な撮影アプリです。

 

裏の手!こんなおすすめグッズも!!

スマホではいろいろ設定が必要だし、上手く撮れるか不安という方には、スマホに装着するだけの簡単おすすめグッズもあります。

お家に望遠鏡がある方は、望遠鏡にスマホをセットして撮ればいいかも?!と思う方も多いと思いますが、これが難しい!!!望遠鏡とスマホがずれるし、手ブレも起きて・・・。

そんな方におすすめグッズご紹介!

 

・SNAPZOOM II スナップズーム2 スマホ×光学機器撮影用

【実際に撮影した映像】

ここまで綺麗に撮れるというのは凄いです!!自己満足の域を超えています。またこのスナップズームは、天体観測以外にももちろん使えます。

でも少しお値段が高いのが難点・・・。

もう少しお手ごろ価格でないかと探してみました。お子さんでも楽しく使えそうなタイプです。

・ビクセン双眼鏡8倍 21mm ソラプティ Lite

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は7月28日の皆既月食についてお伝えいたしました。今回は大阪ではピークを観測することは難しいですが、神秘的な空は楽しむことができます。

ぜひ事前準備をし、当日楽しみましょう!

朝早すぎて無理かも・・・という方は、過去にはウェザーニュースや各地のケーブルテレビなどで皆既月食がライブで中継されていますので、ぜひご活用ください。
※2018年7月28日に生中継があるかどうか分かり次第、更新いたします。

皆既月食2018年7月28日大阪の天気予報と地震が起こる確率は?

-イベント

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.