イベント

皆既月食2018年7月28日大阪の天気予報と地震が起こる確率は?

投稿日:

 

 

2018年今年2回目の皆既月食が、7月28日に見ることができます。こういった神秘的な天体ショーを肉眼でも見られる機会は多くはありません。ブラッドムーンと呼ばれる赤黒い月は綺麗でもあり、少し怖い印象もありますね。

そんなブラッドムーンを見るための絶対条件は天気!

皆既月食当日の大阪の天気予報とまことしやかに囁かれている地震が起こる確率について調べてみました。

皆既月食7月28日大阪の天気予報は?

今回の皆既月食は、未明~朝方にかけて見られます。

月が欠けはじめる部分食が、午前3時42分ごろから始まり、5時21分ごろに最大のピークを向かえます。

ではこの日のこの時間帯の大阪の天気を見てみましょう。

【日本気象協会発表の大阪市の10日間予報(6時間ごと)】

7月28日(土)3:00 晴れ 降水確率20%

7月28日(土)6:00 晴れ 降水確率20%

今のところ、おおむね皆既月食を見ることができるでしょう!!

また今回の皆既月食は未明に起こるため、予想されている気温も25度前後ですので、快適に観賞できるのではないでしょうか。

※天気予報は変わりますので、また直近に確認してください。

皆既月食2018年7月大阪で見るピークの時間帯や方角は。撮影方法(スマホ)も紹介!

 

地震(大地震)が起こる確率は?

「皆既月食が起こる前後に地震や大地震が起こる?!」

毎回、皆既月食が起こる前にささやかれるこの噂。本当に皆既月食の前後に地震が起こるのでしょうか。過去の例から見てみましょう。

前回の皆既月食(2018年1月31日)前後に地震はあった?

日本気象協会の情報によると、

【日本近郊】
・2018年1月24日 青森県沖 M6.3
・2018年2月4日  台湾付近 M6.5

【海外の大きな地震】
・2018年1月23日 北東太平洋アラスカ湾 M7.9
・2018年2月17日 メキシコオアハカ州 M7.2

確かに皆既月食の前後2週間~1ヶ月以内に地震が起こっていました。地震の発生が海上のため、あまり大地震が起きたという意識はありませんが、海外で起きている地震はマグニチュードも7~8近くとかなり規模が大きいものとなっています。

 

過去さかのぼり皆既月食前後に地震はあった?

国立天文台の月食一覧表(2010年~)と日本気象協会の海外の大きな地震一覧を比較してみると、確かに2010年以降の皆既月食前後にM6以上の大きな地震が起こっていました。

 

今回の皆既月食(2018年7月28日)前後に地震が起こる確率は?

過去の統計からみると、皆既月食の前後1ヶ月、少なく見積もっても2週間以内に世界各地で地震が発生しています。このことからすると、地震の規模はさておき、地震が起きる確率はかなり高いと言えます。

 

皆既月食と地震に関係があるのかは分かりません。「月と地球の距離が変化する。」「月の引力が関係している。」という説から地震が起こるとも言われていますが、大地震が『30年以内に70%の確率で起こる。』と東京大学の地震研究チームも発表しています。

この皆既月食と地震の関係が気になった今、しっかり地震について考えてみましょう。

『備えあれば憂いなし』!!

おすすめ防災グッズ!

防災グッズは何を買えばいいのか分からないという方には、防災士が認定している基本セットというものもあります。

 この機会にぜひ本格的に防災グッズを揃えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は間近に迫る皆既月食の大阪の天気、そして気になる地震の確率について調べてみました。地震との関係は分かりませんが、備えていれば安心です。当日の神秘的な天体ショーを楽しみましょう。

-イベント

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.