イベント

おわら風の盆2018前夜祭の日程や見どころは?混雑や交通規制情報も!

更新日:

 

 

今や全国から25万人以上も訪れるという300年の歴史を誇る越中おわら風の盆。毎年9月1日~3日に渡って開催されています。本祭の期間はかなりの混雑で帰れなかった・・・という声も。そこで今回は、そんな混雑を避けて比較的ゆっくり見ることができる「前夜祭」についてお伝えいたします。

おわら風の盆2018前夜祭の日程や見どころは?

■おわら風の盆2018前夜祭の日程!

2018年8月20日(月)~8月30日(木)の11日間開催されます。踊りを見る方法は、①前夜祭「おわらステージ」を鑑賞する。②各町内で行われる前夜祭を鑑賞する。

①【前夜祭「おわらステージ」】

会場:八尾曳山展示館『観光会館』ホール(有料)
開場:午後5:30
開演:午後6:30~午後7:50(雨天決行)

おわらステージでは、優艶なおわらの舞台踊りを鑑賞できるだけではなく、「おわら風の盆の映像紹介」や「おわら踊り方解説」などもあり、より深くおわらについて知ることができます。知れば知るほど、魅力が増します。

チケットは自由席1,500円。チケット購入の詳細

②各町内で行われる前夜祭

開催時間:午後8:00~午後10:00(降雨時中断)
内容:輪踊りと町流し
毎晩、1町内が輪踊りや町流しなどを行います。
※輪に入って一緒に踊ることもできます。

■各町内の日程(平成30年)

開催日開催支部前夜祭会場
8月20日(月)東新町若宮八幡社・東新町通り
8月21日(火)東町東町通り
8月22日(水)下新町下新町通り
8月23日(木)西新町西新町通り
8月24日(金)今町今町通り
8月25日(土)上新町上新町通り
8月26日(日)福島ふれあい広場・駅前通り
8月27日(月)諏訪町諏訪町通り
8月28日(火)西町西町通り
8月29日(水)鏡町鏡町通り
8月30日(木)天満町天満町通り

引用:https://おわら風の盆総合案内

こちらは無料で参加できます!

 

前夜祭の見どころは?

前夜祭の見どころは、やはりなんといっても混雑なく、ゆっくり鑑賞できるところです!また、前夜祭のおわらステージは雨天決行!当日天候が悪かったらどうしよう・・・なんて心配もいりません!

このおわらステージで、おわらに対する知識を深めて、輪踊りや町流しを鑑賞するとより一層楽しめます。また輪の中に入って一緒に踊れるのも醍醐味ですね!

本祭期間は、とにかく大変な混雑が予想され、一番前で踊り子さんの繊細な動きをゆっくり鑑賞したり、唄い手さんの情緒あふれる唄にどっぷり浸ることも難しくなります。

また、風情あふれる八尾地区の中でも『日本の道100選』に選ばれた諏訪本町の町流しは、本祭期間特に人気の場所になります。石畳が続く古い佇まいと三味線や胡弓の音が響きあって、一瞬違う世界にタイムスリップしたようにに感じてしまうほどの情景が目の前で流れる場所です。この雰囲気はぜひゆっくり味わっていただきたい!諏訪本町の輪踊り、町流しは、8月27日(月)に開催予定です。

 

前夜祭の混雑や交通規制情報も!

前夜祭は8月20日(月)~30日( 木)の11日間の間、毎晩ひとつの町内で輪踊りや町流しが順番に行われます。八尾地区の町全体の混雑状況は、本祭ほど混雑することはありません。しかし前夜祭の担当となっている町では、やはり多少の混雑はあるでしょう。

また、同時に交通規制も行われます。前夜祭の交通規制は本祭期間中とは異なり、前夜祭開催地区内での車両の路上駐車及びバスの乗入れは禁止となっています。詳しい交通規制のマップは前夜祭に関しては出ていません。前夜祭の駐車場は、「町民ひろば」となり、前夜祭のおわらステージが行われる八尾曳山展示館まで徒歩で10~15分の距離です。本祭の場合は、さらに遠い駐車場から会場付近まではシャトルバスの運行になるので、それに比べたら割と近い場所まで乗り入れが可能になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は越中おわら風の盆2018の前夜祭の日程や見どころ、混雑交通状況についてお伝えしました。本祭でゆっくり楽しむことがベストですが、前夜祭でも十分あのノスタルジックな世界は体感できます!人ごみを避けて、ゆっくり楽しみたい方は、ぜひ前夜祭も活用してみましょう。

【おわら風の盆情報♪】
おわら風の盆2018日程とアクセス情報!芸能人に会えるって本当?
おわら風の盆動画!歌詞の意味や歴史を調べてみた。衣装の由来も!

-イベント

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.