イベント プール情報

西武園ゆうえんちプールはオムツで入れる?赤ちゃんの持ち物と気をつけたいこと。

更新日:

 

西武園ゆうえんちは夏になると、プールがオープンすることでも有名ですね。

ハローキティのメルヘンタウンには、赤ちゃんやちびっ子も安心して遊べるハローキティウォーターパークもオープンするなど楽しみがいっぱい。

でもプールに入る時、赤ちゃんはオムツしていても大丈夫?など気になることもいっぱい。赤ちゃん連れで行く際に気をつけたいポイントをまとめてみました。

 

 

 西武園ゆうえんちプール赤ちゃん連れのポイント

オムツは大丈夫?

水遊び用のオムツを着用する必要があります!!

他のレジャープールのように、水遊ぶ用のオムツに水着を必ず着用ではありませんが、赤ちゃんを夏の暑い日差しから守るためにも、水着やラッシュガードを着せてあげましょう。

 

赤ちゃんでも遊べるプールはある?

水深30cmの「円形こどもプール」があります。噴水シャワーが楽しめたり、ボールプールには玩具も用意されています。

また、プールエリアとは別に遊園地内にある「ハローキティのメルヘンタウン」の「ハローキティウォーターパーク」は赤ちゃんや小さいちびっ子にはおすすめの水遊びエリアです。※ハローキティウォーターパークに入るには、チケットの種類によって別途料金がかかります。

 

ハローキティのウォーターパークとは?

ハローキティをはじめサンリオのキャラクターがデザインされた水深40mの大、中プールと水深25cmの小さいプール×2つの合計4つのプールが楽しめます。ハローキティのスライダーやバブルプールや噴水、シャワーといった工夫がたくさんあります。赤ちゃんだけでなくママも見ているだけで楽しい場所です。

※ハローキティウォーターパークで遊ぶ場合も、水遊び用のオムツが必要です。またママやパパもプールに入る場合は、水着が必要です!

【ハローキティのウォーターパーク情報】

営業期間2018年7月7日(土)~9月9日(日)

休園日:7月11日(水)、12日(木)、9月5日(水)、6日(木)

時間9:00~17:00
場所ハローキティメルヘンタウン内

引用:西武園ゆうえんちプール

■ハローキティのウォーターパーク入場料

時間制限無し / 再入場可
おとな
(中学生以上)
シニア
(60才以上)
こども
(3才~小学生)
幼児
(3才未満)
一般
(入園券のみお持ちの方)
600円1000円無料
メルヘンタウンチケットを
お持ちの方
一律100円無料
プール券をお持ちの方一律200円無料
夏の1日券
各種フリーパスをお持ちの方
無料

引用:西武園ゆうえんちプール

夏の1日券を利用すると、無料なのでお得ですね!

授乳室、オムツ替えの場所はある?

西武園ゆうえんち内には、授乳室やオムツ替えができる場所がたくさんあります。またプールが開催されている時期は、プールエリアのプール事務所横に、授乳室(オムツ替えもできるスペースあり)が1ヶ所設置されます。

また遊園地エリアのジャイロタワー乗り場前に「赤ちゃん休憩室」があります。プールエリアからは少し離れますが、専用の授乳スペースやオムツ替え専用ベビーベットなどが設置されているだけでなく、休憩スペースが別に設けられています。この休憩スペースでは食事もできるし、小さな子供がちょっと気分転換できるように絵本も90冊取り揃えられています。

こういう気配りがあると、安心して快適に過ごせますね。

また、公式サイトにどこに赤ちゃん休憩室や授乳室、オムツ替えできるトイレ(パパもOK)があるかなどを載せた園内MAPがダウンロードできるようになっています。あらかじめプリントアウトして持参しましょう。

 

ベビーカーは持ち込める?レンタルはある?

ベビーカーはプールサイドまで持ち込めます。また西口、中央口でベビーカーの貸し出しもあります。ベビーカーのレンタルは1台500円+保証金500円が必要です。保証金はベビーカー返却時に返金されます。

 

赤ちゃんメニューやキッズメニューはある?

ハローキティのメルヘンタウン内にある「メルヘンスナック」では赤ちゃんメニューはありませんが、可愛いキティちゃんやサンリオキャラクターのランチBOXに入ったお子様大好きメニューがたくさんあります。(カレーセット、おにぎりセット、焼きそばセットなどなど)フライドポテトなどの軽食もありますよ。

赤ちゃんの離乳食は持参しなければいけませんが、嬉しい「離乳食を温めるサービス」があります!温めサービスができる場所は、「メルヘンスナック」と「レストランモンヴェール」です。

また、「赤ちゃん休憩所」では離乳食を温める電子レンジも設置されていて、ママには本当にありがたいサービスですね。

 

 

 

赤ちゃん連れの持ち物は?

赤ちゃんと一緒だと、ついあれもこれも必要?と思って荷物が多くなりがちです。

これだけあれば大丈夫という持ち物を紹介します!

  • 水着
  • 水遊び用オムツ
  • ラッシュガード(赤ちゃんの肌を紫外線や寒さから守ってくれます。)
  • 紙おむつ
  • 赤ちゃん用ビーチサンダル(クロックスのような足全体を覆うものがおススメ)
  • バスタオル、フェイスタオル
  • 休憩時に羽織るもの(パーカーなど)
  • 日焼け止め
  • 乳液(赤ちゃんの肌は敏感なので、プール後に乳液を塗ってあげましょう。)
  • おしり拭き
  • ビニール袋やジップロック(濡れたものを入れたり、ちょっとしたゴミ袋に最適)
  • 離乳食やミルク
  • 赤ちゃん用のお菓子
  • 赤ちゃん用の飲み物
  • 赤ちゃん用の食器、よだれかけ
  • 赤ちゃん用の浮き輪
  • 座布団とおくるみ(赤ちゃんが疲れて寝てしまった場合におすすめ)
  • ビニールシート
  • 簡易型の日除けテント ※ハローキティのウォーターパークは持ち込み禁止です。
  • ベビーカー(プールサイドまで持ち込めます。)
  • ぐずった時のためのおもちゃや絵本
  • 授乳ケープ
  • 赤ちゃん用のボディソープ(としまえんプールはボディシャンプー、シャンプー利用可能です。)※ハローキティのウォーターパークのシャワーではボディソープ石鹸等の使用は不可です。

赤ちゃん連れだと心配なのが、突然のハプニングで紙おむつが足りなくなった・・・が一番多いと思います。が心配いりません。プールエリアではありませんが、園内のキティちゃんグッズが売っている「メルヘンショップ」で購入することができます。(オムツ300円、おしり拭き200円)※オムツやおしり拭きの金額は2017年のものです。変更になっている場合もありますので、購入時に再度確認して下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

西武園ゆうえんちプールは、プールエリアだけではなく、ハローキティのウォーターパークでも楽しむことができます。キティちゃんやサンリオキャラクターはそれだけでテンションがあがりますね。赤ちゃんやママに嬉しいサービスや施設もいっぱい!!

事前準備をしっかりして当日思いっきり楽しみましょう。

【西武園ゆうえんちプール情報♪】
西武園ゆうえんちプールまとめ!割引券入手や混雑状況。持ち物赤ちゃん対策も!
西武園ゆうえんちプールの混雑予想2018。割引券のコンビニ入手方法と場所取り対策も!
西武園ゆうえんちプールテント持込可能な大きさは?持ち物チェックからロッカー情報まで。
西武園ゆうえんち駐車場の割引情報と時間は何時から?料金もあわせてご紹介。

 

-イベント, プール情報

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.