TAIWAN イベント

台北101カウントダウン花火2019の穴場や実際に行った感想も!

投稿日:

 

今年も台北101でカウントダウン花火が開催されます。

カウントダウン花火が開催されるのと同時に、台湾の人気歌手によるカウントダウンライブが開催されることで、101周辺は凄く混雑します。混雑という言葉では言い尽くせないほどの混雑です。

では、台北101のカウントダウン花火2019はどこで見るのが穴場のおすすめスポットなのでしょうか。

実際にカウントダウン花火に行った感想も交えて、お伝えします。

今年、台北で年越しをされる方はぜひチェックしてみて下さいね!

 

 

台北101カウントダウン花火2019

カウントダウン花火2019概要!

  • 打ち上げ花火は1万6千発を予定
  • 約6分間の花火とLEDのショー
  • 台湾のB級グルメ、タピオカミルクティーや鶏排と呼ばれるからあげなども映し出される予定。

どこから見るのがおすすめ?

まずは、定番スポットから見たい方へご紹介します。

101ビル周辺

101の周辺は、カウントダウンライブが行われていて、どこも人・人・人で、ゆっくり見れる穴場スポットはありません。

101周辺で間近に爆発するような迫力の花火を楽しみたいのであれば、当日の天気予報で風向きをチェックしましょう!

風下に陣取ってしまうと、煙しか見えない・・・なんてこともあります。「あ、ここ風下だ!」と気づいてから移動するにも、カウントダウンの花火が始まってしまったら、身動きできないので要注意です!

実際にこのエリアで鑑賞した感想

  • 交通規制のため、車やバスの乗り入れができなくなるため、地下鉄(MRT)からして激混み。
  • 地下鉄のホームからなかなか外に出れなかった。
  • カウントダウンライブが同時開催されていたので、花火を待つ時間も暇じゃなかった。
  • 花火が始まるカウントダウンをみんなでする一体感が半端ない!
  • 花火の迫力がビンビン伝わる。
  • 花火を見終わったら、いろんな人が”新年おめでとう”と声をかけてくれて楽しい。

こんな方におすすめ

  • カウントダウンの熱気を肌で感じたい若者におすすめ!

 

 

國父紀念館

101のカウントダウンの花火から近く、広場がかなり広いので、比較的ですが、ゆっくり見ることができ、またカウントダウンの熱気もしっかり感じることができます。國父紀念館から見た101の景色はこんな感じです。

昨年の國父紀念館から撮影したカウントダウン花火の様子(動画)

風向きによっては、風下になるかもしれませんが、LEDショーともあいまっているので、思ったほど煙は気にならないかもです。

こんな方におすすめ

  • 花火を間近に見たい!熱気を感じたい!けど、比較的広いスペースで見たい。

 

 

究極の穴場スポット!

竹村居酒屋前の道路

竹村居酒屋の前の道が、なんと遮ることなく101を拝める穴場スポット!しかも知っている人も少ないので、ゆっくり観ることができます!また地元のアパートなどの町並みと101のコラボ素敵ですよね!

竹村居酒屋
住所:110台北市信義區松仁路253巷1弄2號
營業時間:週一~週日 17:00-01:00
電話: 02 2720 7305
※営業時間は現時点のもので、変更になる場合があります。

 

 

ちょっと離れた場所のおすすめ穴場スポット!

 彩虹河濱公園(レインボー河浜公園)

この場所は、101から離れた場所になりますが、川岸からほぼ遮ることなく、花火を鑑賞できるスポットです。また川岸のため、スペースも広く、見やすいのが特徴!さらに、花火だけでなく、101周辺のライトアップされたビルとのコントラストも素敵な地元でも一押しのスポットです。

また同時に101とは反対側で行われる花火ショーも同時に見ることができて、二度おいしい穴場です。

実際に行ってみた感想

  • 川岸のため、風もありとにかく寒い!寒い!寒い!!
  • カウントダウンの間近で見る迫力はないが、壮大な景色として鑑賞できてよかった。

このエリアは、都市部から離れているため、ちょっと行きにくいのが難点。タクシーを利用するのがおすすめですが、カウントダウン花火終了後は、ほとんどタクシーがつかまらないこともあるので、覚悟していきましょう。

 

 

まとめ

今回は、毎年恒例の台北101カウントダウン花火2019の定番スポットからおすすめ穴場スポットまで、実際の行った感想も交えてお伝えしました。

特に台北市の「竹村居酒屋」の前から見る101は、ちょっとノスタルジックな街の雰囲気とあいまって、おすすめです。台北市内なので、交通のアクセスも良いのがいいですね。

台湾の冬は日本ほど寒くありませんが、それでもやっぱり寒い時は芯から染みわたるような寒さです。日本同様、年末はとても寒くなると予想されていますので、防寒対策をしっかりして行きましょう!

また、交通規制やかなりの人混みの中での移動になりますので、安全に過ごして、よい年を迎えましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

-TAIWAN, イベント

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.