LIFE

台風22号のたまご2018最新進路予想。米軍基地とヨーロッパとの比較も!

更新日:

 

猛烈な台風21号によって全国的に大きな被害がもたらされ、台風の威力をこれでもかと知らされたばかりというのに、日本の南に台風22号のたまごがすでに発生しています。そこで、今回は台風22号のたまごの今後の発達のしかたや気になる進路予想について、米軍基地やヨーロッパ発表の予測と比較して迫っていきます。【2018.9.7更新】

 台風22号のたまご2018とは!

気象庁の実況・予想天気図から見てみましょう。

【9月7日(金)15時の天気図と9月9日(日)9時の予想天気図】

引用:気象庁

9月7日(金)15時の天気図をみると、日本の南、台湾の東の海上に熱帯低気圧がひとつ、さらに太平洋上にひとつできています。この2つが台風22号のたまごです。台湾の近くにある熱帯低気圧は、台風に発達せず、日本からまだ遠い太平洋上の熱帯低気圧が台風に発達する可能性があります。これが台風22号になる可能性が大!⇒9月7日(金)午後9時、気象庁が台風22号が発生したと発表しました!

台風の動向や最新予想進路については、随時更新していきます。

米軍基地とヨーロッパの予想比較!

■米軍基地の予想

 

引用:jtwc

米軍基地の予測でも、「98W」(オレンジ→黄色にダウン)、「90W」として台風になる可能性(黄色○)がある熱帯低気圧が2つ発生。24時間以内には台風に発達しませんが、それ以降に台風になる可能性がある熱帯低気圧です。→今後、台風にならない予想。

さらに、「TD26W」として台風になる可能性が大きい熱帯低気圧があります。⇒台風22号になりました!

※米軍基地の予測では、
・黄色○→LOW 24時間以内に台風に発達する可能性が低い。
・オレンジ色○→MEDIUM 24時間以降、台風に発達する可能性あり。
・赤○→24時間以内に台風に発達する可能性あり。

どちらも日本に接近してくるのでしょうか?まだ進路予想は、太平洋を西に進むところまでしか出ていません。

■ヨーロッパの予想

【9月15日(土)午前9時の予想】
Friday 7 Sep, 00 UTC T+192 Valid: Saturday 15 Sep, 00 UTC

引用:ecmwf

【9月16日(日)午前9時の予想】
Friday 7 Sep, 00 UTC T+216 Valid: Sunday 16 Sep, 00 UTC

引用:ecmwf

ヨーロッパの予想をみると、現在、気象庁や米軍の天気図にある台湾付近のたまごは表示されていません。台風22号のたまごとして、現在、太平洋上にある熱帯低気圧が時間とともに発達し、台湾方面に向かう予想です。⇒台風22号になりました!

9月15日(日)午前9時の予想では台湾の東の海上に接近、16日(日)午前9時の予想では台湾方面に向かっています。ヨーロッパの予想では、日本方面には来ない予想。ただ、まだ1週間先の予測になるので、突然北上し日本方面に向かうことも。その場合は9月15日~17日の敬老の日三連休は注意が必要です。

また気象庁、アメリカ(米軍)の台風進路予想は5日先まで、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)で10日先までの見通しを発表しています。10日先の台風進路をピタッと予測するのは至難のわざ。参考までに留めておき、刻一刻と変わる天気予報をこまめにチェックしましょう。

台風おすすめ防災グッズも!

台風21号では猛烈な風や高潮にともない、窓が割れたり、普段飛ばないであろうものが飛んだり、浸水、停電などありとあらゆる被害がでました。

自分だけは台風被害に遭わないと思う気持ちは捨て、基本的な防災グッズを準備しておきましょう。備えあれば憂いなしです!

■停電対策

【懐中電灯】

【乾電池式携帯電話の充電器】電池で充電できるタイプがおすすめ!

【ブルーシート】普段使いにもできて便利!

【土嚢】

【窓ガラス飛散防止テープ】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、現在発生している台風22号のたまごについてお伝えしました。現在のところまだ台風に発達していませんが、ヨーロッパの中期予測をみると日本に接近してくる可能性も!台風21号が去って一安心したところですが、過去の教訓を生かし安全に過ごせるよう心がけましょう。

-LIFE

Copyright© RECOMAMA diary , 2019 All Rights Reserved.