「To The First」泣ける!脱落者はジュノン?合格者予想→結果

スッキリで放送されているスカイハイのオーディション「THE FIRST」。

7月16日には、富士山での合宿最終審査(4次審査の第3ステージ)で11人がワンチームとなり、スカイハイがメンバーに向けて作った応援歌「To The First」のパフォーマンスを披露しました。

今回も鳥肌もんのヤバさです!

というか何度もリピしてしまう中毒性は過去最高かも!!

この中から脱落者1人が生まれるなんて、信じがたいですが、ジュノンくんの表情を見て心配になったというツイートをたくさん見かけました。

また7月22日放送のスッキリでは、脱落者メンバーに関するスカイハイさんの気になるコメントも!

今回は、「To The First」の圧巻のパフォーマンスと脱落者の予想→結果をまとめました。(7月23日更新)

すぐに「To The First」の合格者メンバーを見たい方はこちらから。

※あくまでも勝手な個人的予想なので、あしからずです。

 

「THE FIRST」オーディションの脱落者の今は?インスタSNSまとめ

「To The First」のパフォーマンスはスカイハイ超え!?

BMSGの公式サイトやYoutubeからは映像が公開されました。

 

11人で「To The First」の歌振りから振り付けまでを自分たちで考えて、プロのアーティスト「スカイハイ」とは全く別物の楽曲を作り上げていました。

ちょっと世界レベルのBTSのようなK-POPのハイレベルで争ってるグループのように見えましたね。

 

パフォーマンス前には「どんなものを見せてくれるのか楽しみ」と言ってたスカイハイさんも、パフォーマンス後には、涙をこらえながら、言葉も見つからないほど感動していました。

 

またスカイハイさんのYoutubeで、2021年5月17日に公開されている「To The First」のソロパフォーマンスの動画がありました。

 

ふたつのパフォーマンスを比べてみると、全く別物!

個人的な意見としては、

スカイハイさんのパフォーマンスは、個性的でコアな人が好きな感じで、ボーイズたちのパフォーマンスは一度見たら、みんなが好きになる感じがしました。

 

SNSの声もあまりにもの出来に「社長肥え!」との声がたくさん見受けられましたね。

 

 

そしてここにもスカイハイさんの愛のある行動がありました。

4次審査の第3次ステージは、「11人VSプロアーティストの戦い(=スカイハイ)」。

ボーイズたとと同じ会場でパフォーマンスをして、ちゃんと戦いをしています。

ボーイズたちへのリスペクトが凄すぎます!

 

7月22日に放送されたスッキリでは、ソウタさんの提案によりスカイハイさんも、「To The First」を一緒に踊るというサプライズも披露されました。

スカイハイさんは、このダンスを初見でここまで完璧にこなすとは、 やっぱりプロは別格で生きていると感じましたね。

「To The First」の脱落者はジュノン?ショウタ?

11人全員で披露した「To The First」ですが、今回の審査も当日のパフォーマンスのみが審査対象。

 

審査ポイントは、

その課題(それぞれメンバーに与えられた課題)をクリアできる、クリアできそうだなと判断する。

年内のデビューとする形に届かないと、ここで脱落させる。

 

メンバーそれぞれ出された課題を見てみましょう。

 

メンバーへの課題は?

  • ソウタ→ ラッパーとしてのスキルアップ
  • リュウヘイ→ 感情を込めた表現力
  • マナト→ 表現力、むき出しの感情を表現する
  • ルイ→ 基本的な技術力、歌は上手いがマイクの声入れができていない
  • シュント→ ピッチ(音程)の悪さと表現力
  • ジュノン→ 歌いながらダンスをする技術
  • レイコ→ 「再現性」一回きりではないパフォーマンスの安定さ

 

この課題をクリアできているのかが、合格へのポイントになります。

ジュノン|脱落が心配な理由

ジュノンさんの課題は、「歌いながらのダンス」。

今回の「To The First」は、大まかな振り付けの担当はダンスの世界チャンピオンのソウタさん。

そのソウタさんの振り付けがなかなか覚えられず手こずっていました。

 

また当日のパフォーマンスでは、「自信なさそうだった」とか「視線が下がっていた」ように見えたことが、「ジュノンくん大丈夫?」とみんなを心配させてしまった要因だったみたいですね。

 

でも最後の「炎を燃やせ」はバシッと決めてくれました。

ここは歌の上手さをちゃんとアピールしていました!

 

ただジュノンさんだけを定点カメラで捉えていた映像ではないので、歌いながらのダンスを克服していたのかは分かりませんでした。

確かに時々振りが小さくなったりしてる部分もあり・・・。

プロはそういった小さいミスも見逃さないので、怖いですね。

 

またスッキリでのジュノンさんの取り上げ方が次回の脱落者への伏線なんじゃないかという声もありました。

というのも、4次審査の第2ステージでテンさんが脱落した時も、脱落の前の回で、テンさんの頑張りぶりをフューチャーしていました。

 

最初から注目してきたジュノンさん、ぜひ最後まで残ってほしい!

このグループにはジュノンさんの歌声もキャラも必要だと思います。

 

ショウタ|脱落が心配な理由

7月22日のスッキリで、今回脱落者となるメンバーのヒントとなるスカイハイのコメントがありました。

 

 

生まれてくる最初のグループのことを考えても、彼自身の人生を考えても絶対それ以外ない。

ここで脱落させることしか正解はないんですけど、決断ができない。

 

このスカイハイさんの意味深な言葉から、すでにソロアーティストとしても活躍しているショウタさんが思い浮かんでしまいます。

というのも、チーム「Move On」のパフォーマンス後のスカイハイさんのコメントの中に、

最近ショウタさんに感じた特に面白いと思っているのは、「赤ちゃんのような音楽的好奇心」。

このラップの部分をやるのであれば、どういう解釈ができるのか、顔のどの部分を響かせたらどういう聞こえ方をするのか、それを強く持っているところが一番感動したポイントです。

勝手な推測ですが、今回の「To The First」のパフォーマンスを見て、スカイハイさんはやっぱりショウタさんはグループとしてではなく、ソロのアーティストとして自分の音楽を世に知らしめていってほしいと思ったのかなと思いました。

 

ショウタさん自身も、グループでのパフォーマンスに悩み、ソロの方が向いているんじゃないかと葛藤していたこともあり、その部分をスカイハイさんに見抜かれたのかもしれませんね。

 

「To The First」のパフォーマンス終了後のショウタさんのコメントでは、

レオと目を合わせたり手を重ねる、お互いを感じながらライブができたのはすごく幸せ、嬉しい気持ちでいっぱいです。

音楽ってやっぱり好きだなと思う。

グループで作り上げる楽しみもショウタさんは感じていました。

明日の発表がショウタさんでないことを祈りつつも、スカイハイさんにああいうコメントを言わしめる実力者と考えると、どうしてもショウタさんなのかなと思ってしまいます・・・。

「To The First」の合格者10人の予想!

あくまでも個人的な予想ですので、推しの名前が入っていても許して下さい。

  • ソウタ(1位)
  • リュウヘイ(2位)
  • ルイ(5位)
  • マナト(3位)
  • シュント(8位)
  • レオ(4位)
  • リョウキ(6位)

ここまでが確実に合格するラインかなと思いました。

 

ソウタさんは、1カ月の富士山合宿での振り付けを「To The First」に入れ込むオマージュを魅せたり、歌やラップの部分もしっかり物にしている感がありましたし、やっぱり存在感が凄かったなと思いました。

ゴールデンエイジの2人は、パフォーマンスとなると、ゾワーっと感じさせる感じが今回もありありでした。

マナトさん、リョウキさん、シュントさんは、やっぱりステージでは目を引く存在で、ついつい目で追ってしまいました。

 

  • レイコ(11位)
  • ジュノン(7位)
  • ショウタ(9位)
  • ラン(10位)

 

レイコさんとジュノンさんは、ここに来て未経験というところが、「年内デビュー」までに間に合うのかプロの目にはどう映るのか心配でした。

ランさんは現在ランキング10位で、かなりの存在感を示さないとという状況でしたが、存在感という面ではあまり強さを感じませんでした・・・。

 

 

 

もう脱落者は出さない特別措置にして!と思ってしまいますが、明日脱落者が決まってしまいます。

それまではこの11人の「To The First」を鬼リピして楽しみたいと思います。

「To The First」の合格者10人の結果!

ついに7月23日放送のスッキリで「To The First」の合格者10人が発表されました!

予想外の展開で、見事予想を外してしまいましたが、とてもいい結果になってほっとしました!!!

合格者10人の順位とスカイハイさんの感想をまとめました。

 

合格者10人のメンバー順位

1位:リュウヘイ

スカイハイの感想:

手のつけられないくらいのパフォーマンスだった。感情を込めた表現が課題だったが、コミュニケーションでも感情を表現していた。また特に感情が大事な楽曲だったので、そういった感情が見えてこない場合は順位を落とさなきゃと思っていたが、全くの杞憂。圧倒的に素晴らしいパフォーマンス。

2位:シュント

スカイハイの感想:

天才的な素質があるのが爆発したのが今回の楽曲だった。

シュントでしかないパフォーマンス、歌声、何を歌わせてもあなたになってしまうのは、アーティストとしてもの凄く強い才能。

自身満々でステージに立った時のパフォーマンスは衝撃的でした。

3位:ソウタ

スカイハイの感想:

喜ぶべきかそうでないのか凄く難しい3位。

あれだけ素晴らしい振り付けを作り、しかもそれぞれの感情やストーリーをつむいでアートとして表現したけど、やはりラップにまだ圧倒的な信頼感を任せられるレベルまで達していないのが課題。

4位:ショウタ

スカイハイの感想:

全てを兼ね備えている分、合宿での伸び方が未知数だったけども、最後の1週間での伸び方がちょっとまた想像を超えるものだった。

5位:リョウキ

スカイハイの感想:

楽曲とハマった時にあなたから飛び込んでくる気持ちよさ。グループにとって攻撃力の高い武器になるという才能を今回も見せてもらった。

感情が爆発してエモーションに声をのせても、ピッチやリズムを自在にコントロールできたら感動のもの以外何でもない。冷静に1歩1歩手丁寧に成長してくれたら嬉しい。

6位:ラン

スカイハイの感想:

やっと見たかったランが見られたという気がした。

圧倒的なダンススキルを持って歌を楽しそうに感情のまま歌い、楽しくパフォーマンスをしていた。

こんなランを見たかったとういのを体現してくれた。

7位:レオ

スカイハイの感想:

このまま歌やダンスが変わらなかったらどうしようかと一番思っていた時期が長かったのがレオ。

いっぱい超えてほしい課題もあったが、明らかに自分で変えよう変えようとトライし続けて、本当に変わった瞬間を強烈に見せつけてくれた。

8位:マナト

スカイハイの感想:

相変わらずクオリティの面において文句のつけどころがない。

順位が落ちてしまったのは楽曲との相性。感情をどう出すかが大事な楽曲になった時にやはりその部分が弱くなってしまう。

9位:レイコ

スカイハイの感想:

やっと小さい技術を改善する心の余裕がでてきて、クオリティは劇的に上がってきている。

それと同時に、クリエイティブ審査の時のような感情全開の時の心に訴える強さが同時に削られた気がした。

10位:ジュノン

ダンスのクオリティが少しでも劣っている以上、歌の面で圧倒的な存在感がないと少し厳しくなってしまう。

 

脱落したのはルイ!

ルイさんが脱落となってしまった理由は、

  • 圧倒的な存在感やパフォーマンスの能力で人を虜にし、あそこまで人の目を引き付けてしまうが、基礎的なダンスや歌の技術面が追いついていない。
  • もし今年デビューのグループに入ってしまったら、グループ自体に少し大きなデメリットを運んできてしまうことになる。
  • 歌のレンジ(音域)がまだ広くない。
  • ダンスは手が少しばらけてしまったり、下半身を上手に使えなかったりする瞬間があるから構成や振り付けに影響を与えてしまうかもしれない。

 

ただそんなルイさんの魅力に一番虜になったのはスカイハイさんで、ここから驚きの展開が待っていました!

スカイハイさんの事務所「BMSG」で未来のデビューを目指して、練習生にスカウトされました。

今回脱落という形になってしまいましたが、スカイハイさんの元で基本的なスキルアップを図ったら、とんでもないビックなアーティストになりそうですね!

 

今回は脱落者が1名出たものの、見ている側からしたら、この上ないハッピーエンド。

ここまでのシナリオをスカイハイさんが考えているとしたら、凄すぎますね。

まとめ

「To The First」のパフォーマンスの様子と4次審査第3ステージの合格者を予想→結果をまとめました。

予想外の展開となりましたが、やはりスカイハイさんが見る視点は改めて凄いなと感心させられました。

今回はルイさんが脱落という結果になりましたが、もうこれ以上誰を落とすのか、もう誰も落としてほしくない状況が続きますが、最終審査も見守っていきたいと思います。

 

最終審査の内容の発表は、7月30日(金)、8月13日(金)についにデビューメンバーが発表されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【今どうしてる?脱落メンバーの情報】

「THE FIRST」オーディションの脱落者の今は?インスタSNSまとめ